ブログ|エリーチェリー

オフィシャルブログ

目指す!バストアップ

胸が小さい、きれいな形にしたい、、

女性の悩みですよね。ただ、私が見た感じではなかなか勿体ない胸が多いと思います。

猫背、肩回りが硬い、肩甲骨が動きが悪い等々。。

肩をしっかりと動かして、胸の付け根をぐるっと一周はがすようにしていきます。

デコルテ側は、グーでやると効果的です!!

自分でなかなかできない人は、インディバで美乳になりましょう!!

 

 

なかなかとれない疲労

身体の疲労がなかなかとれない理由は・・・

その中の1つ、運動不足も疲れが取れない原因のひとつ。
運動をしないと筋肉量が低下し、筋肉内でエネルギーを生み出すミトコンドリアの量が減り、質が低下することで、代謝が悪くなります。エネルギーがきちんと作られないと「電池切れ」のような状態になる上、活性酸素が発生しやすくなります。
その結果、体が疲れやすくなり、動くのが億劫に。すると、さらに筋肉の力が弱くなり、疲れやすい体になってしまうという悪循環に陥ります。

下半身の筋力が弱く、たるみが気になるという人は、運動不足からくる疲れが原因です。こういったタイプの人は、摂取した栄養をエネルギーに変えたり、使ったりするのが弱いとも考えられます。

このような理由から、現代は疲労が取れにくく、蓄積しやすくなっています。

疲労回復には、食事でしっかり栄養素を摂ることが重要です。1日3回、バランスの取れた食事を摂ることを心がけましょう。
さらに、疲労回復に効果的な食材を取り入れたり、食事のタイミングを整えれば、疲れがたまりにくくなるはずです。

“イミダペプチド”が豊富な鶏胸肉を

鳥の胸肉に含まれる成分“イミダペプチド”には、疲労改善効果があります。疲労は、激しい運動や長時間の仕事などで、過剰に発生した活性酸素による酸化ストレスにより、細胞が傷つけられることで起こります。

イミダペプチドには、抗酸化作用があり、酸化ストレスから引き起こされる疲労を軽くする効果が期待できます。

疲労回復のために必要なイミダペプチドの量は1日200〜400mgとされています。一番含有率の高い鶏の胸肉には100gあたり1200mg程度のイミダペプチドが含まれているとされますが、吸収率を考えると、1日100g程度の鶏の胸肉を摂取することが推奨されています。鶏以外にも、マグロやカツオなどの回遊魚の尾びれの部分にも含まれています。

それでも、相当なお疲れの場合でしたら、やっぱりインディバやるのが一番です!

お客様の声も開花しました!

たくさんの、ブログやクチコミに載せてないお声を聞くことができました^_^

皆さま、本当にいい声聞かせてくださってありがとうございますっっ☆

矯正の重要なポイント

ブログ画像

姿勢は良いと//疲れにくい// 太りにくい// 内臓の下垂に予防になり//自信を持ちように見られます、などなどいいがたくさんあります、大事のは足からです!

春観光

今は梅が綺麗ですね!皆さん、観光して季節を感じたいですよね。

あと少しすると、桜もキレイに咲きはじめます!! 写真は、青森の桜です。写真だけでも、心が洗われる気がしますね^_^

是非、コロナももう少しの辛抱なので、

皆さんで対策をしながら、安全に過ごしましょう♪

 

またまた来ました!花粉症!!

春の穏やかな空気が溢れてくると、また花粉症に悩ましい日が続く方もいると思います。

今年は、換気もしながら花粉にも気をつけて行かないといけない!

と、ちょっとだけハードル高めですね。

安心できる事は、グッズが進化しているという事!

今年は、窓に貼るフィルターを活躍させて、気持ちいい空気を楽しみたいです。 首から下げる清浄機も良いみたいです♪

#太田さんの隣はやっぱり田中さんが似合う

 

 

田中は脳動脈解離について 症状について「僕は脳の動脈が乖離といって、パラパラパラと裂けちゃった。血管が切れちゃう、裂けちゃうっていうのは、脳の血管が若い人でもなるんだって。血栓が詰まったわけではなくて、裂けちゃって、くも膜下出血になってしまった」と田中。「それと同時にたまたまなんですけど、脳梗塞にもなっちゃった。同時に起きることはそんなに多くはないらしい」と話した。

と!!!!怖い症状ですΣ(-᷅_-᷄๑)

わたくし、爆笑問題大好きなので、復帰!!よかった!!!!

肩こりにサイコー!!^_^

腕をインディバでほぐすと、

肩こりに最高に効きすぎる!!

やらなきゃソンですよ^o^

酢で痩せよう!

 

お酢の持つ「ダイエット効果」について掘り下げていきます。

 

お酢がダイエットに効く、と言われる理由は

①脂肪燃焼を助ける

②内臓脂肪を燃やす

③血糖値の上昇を防ぐ

です。

クエン酸が脂肪をエネルギーに変える動きを活性化し、アミノ酸には脂肪燃焼を助ける働きがあります。ジムやヨガなど、脂肪を燃焼する運動の30分〜1時間前に飲むことで
さらなる効果が期待できるそう☆

ダイエットには「血糖値をあげない」ことが重要であることをご存知でしょうか?

太りづらい体を作るためには、血糖値をあげないことが大事です。

☆糖分が血中に入ると、糖を分解するために「インスリン」が分泌されます。

インスリンは糖の分解作用を持ちますが、脂肪の分解を抑制する働きがあるため、
血糖値が急に上がりインスリンが大量に分泌されると、脂肪が分解されづらくなるのです。

そこで、血糖値上昇を緩やかにしてくれるのがお酢です。
食事中や食後にお酢を使ったお料理や飲み物を取るように心がけるようにしましょう。

食物繊維や、エネルギー代謝をよくするビタミンB群・ポリフェノールと組み合わせると、
糖の吸収抑制効果はさらに高まります。

糖尿病予防にも、最古の調味料『酢』を取り入れましょう。

約10年振りの大地震